イギリスから引き出しもたくさんついた収納ベンリ!のヴィンテージビューローチェストが届きました。

イギリスからとってもカッコいい!ヴィンテージのライティングビューローが届きました。
ハンドルでも人気のG-planと並ぶNathern社のヴィンテージビューローです。いや~、やっぱりイギリスのビューローはカッコいい家具が本当に多いっね~、日本の家具にはおしゃれなビューローの家具などはほとんど見たことがありません。

シンプルなんだけどなんだかちょっとあたたかみが感じられるデザイン、取っ手のゴールドもチーク材にめっちゃ似合うんですよね。
リビングに置いてデスクとしてはもちろん、パソコンデスクとしてもお使い頂けます。寝室に置いて寝る前のちょっとした読書にもいいですね~

サイズは幅が約100センチ、奥行きが約50センチの小さいサイズなのでご新築やリフォームはもちろん、マンションや賃貸アパートでも置くことができます。
ビューロの扉を開けると細かく分けられた棚や引出しもついているので収納もバッチリ!パソコン用のコード穴も開いているのでめっちゃ便利ですよ。

シンプルで北欧デザインのアンティークやビンテージのビューローや小さい机などをお探しの方はぜひチェックして下さいね。
今日はイギリスからやってきたネイサン社の美しい木目のチーク材で作られたビンテージビューローチェストのご紹介でした。

さて、イギリス買付け旅行三日目の最終日はイギリスでもっとも美しい村として有名な「コッツウォルズ」へ行ってきました。
日本で言う岐阜の白川郷のような英国版って感じです。

まずは地下鉄に乗ってターミナル駅のパディントン駅に到着~
朝のラッシュアワーに時間にも重なりめっちゃ混んでいます。駅がカッコいいっね!
行ってきまーすっ!

GWRチケットセンターで僕のパワーイングリッシュがなんとか通じてチケットをゲット!これで大丈夫やろか・・・?笑

有名なクマのパディントンの銅像もありました。

電車が出発します~、電車のカラーリングがカッコいい!

いえ~い!最初は激コミでしたが、なんとか座れました。イギリスのリザーブ席は日本とちょっとやり方が違っていて難しい、、、。日本の電車の方が静かかな~

駅からタクシーで10分ほどでコッツウォルズに到着。
うわ~、まさにピーターラビットのような絵本の世界、めっちゃかわいいっすね~(イギリスでは地震がほとんどないからこんな家が造れるんですね。)

っていうか雨が降っていてめっちゃ寒い~、

そんな中やっぱりやってしまった・・・、Tシャツで。笑

お腹が空いたのでおいしそうなパブへ
↓テーブルや椅子がアンティークのリフェクトリーテーブルやドローリーフが使われていました。イギリスなんで当たり前ですよね・・・
使い込んだ風合いがめっちゃかっこいいっす。

オーダーはハムサンドとミネストローネ、まあまあ美味かった~笑。

可愛いお店もたくさんありました。イギリスはペイントのカラーの使い方のセンスがピカイチで、めっちゃ勉強になりますね。

スコーンで有名なHuFFKINS(ハフキンス)のお店with とだまん。インテリアがめっちゃかわいいっす。看板のアイアンのセンスが最高にカッコいい!
時間がなくて食べれなかったのが残念・・・。

っということで寒すぎたので早々とロンドンに帰ってきました。
さあ、これから最後のショッピングへ行ってきまーす。(おもちゃ買って~)