イギリスからステンドグラスの扉がオシャレ!横も後ろもレアな無垢板仕上げのアンティークブックケースが届きました。

イギリスからとって素敵なアンティークのブックケースが届きました。
これぞイギリスアンティーク家具いって感じですよね、めっちゃカッコイイっす。っていうか僕のデスクの横に欲しい・・・

アンティークショップをしていると、大変なんですよね~、自分が欲しい家具で出てきてきてしまうので毎回困っています。笑
そんな僕をめっちゃ困らせるアンティークの本棚、レアなところが満載!
まずはガラスが人気のステンドグラス、そしてボディーの側板は無垢板、さらに背板も羽目板の無垢板仕上げの最高の造りなんです。

棚にはA4サイズの雑誌もちゃんと収納でき、棚板も高さを調整できるのでめっちゃ便利!
↓裏板も豪華な無垢、素敵っす!


造りも最高、実用性もバッチリのブックシェルフです。樹種はアンティークでも定番のオーク材、脚のデザインは人気のネジネジデザイン!
家具のコンディションも良く、修復もバッチリ、ピカピカに仕上がりました。

サイズは幅が約70センチ、奥行きが約30センチのコンパクトザイズなのでご新築やリフォームはもちろんマンションや賃貸アパートでも置くことができます。奥行きも浅いので圧迫感もないですよ。

クラシックアンティークでオシャレな本棚やブックケースをお探しの方はぜひチェックして下さいね。
今日はイギリスからやってきたステンドグラスの扉がオシャレなアンティークブックケースのご紹介でした。

PS アジアの大砲Jrの特訓、スタートしました。
冬になると外は寒いし、日はすぐに落ちるので駐車場でのバッティング練習スタートです。ゆうたろうと毎晩中学校1年生から6年間、毎日練習していたのですが、高校野球がなくなった今、やらない僕が寂しい・・・笑。
っということで、りょうといっしょに野球することになりました。

もちろん左バッターですよ。ゆうたろうと違って体も細くパワーヒッターではないのでイチロータイプに育てるつもりです。
親子共々がんばっていきます。  by めんどくさい親父。