何年か使って頂いて、ぐらぐらになったアンティークチェアーを直してみました。

春ですね~

しかし、昨日のWBCの井端選手はかっこよかった~

 

今日は午前中にシャルドネの家具のお直しに敦賀まで行ってきたのですが

ポカポカでとっても気持ちよかったです。車の中は暑すぎてTシャツになったぐらい・・

「アジアの大砲」ゆうたろうも朝4:30起きで野球の試合に名古屋まで行ったのですが

今日は試合にでたのかなぁ?初ヒットはでたかなぁ?・・・っと心配な野球親父です。

 

では、アンティーク家具の中でも人気のあるアンティークチェアーの直しのご紹介です。

アンティーク家具の中でも一番壊れやすいのが、アンティークチェアーです。

やっぱり毎日使うものですからしょうがないのですが、せっかくのお気に入りのアンティークの椅子なので

ハンドルではご購入頂いた椅子のお直しをさせて頂いております。創業110年の家具専門店がお直ししていきますので

長い間安心してお使い頂けます。

よくあることは「使っていてイスがグラグラするので直して欲しい・・・」とのご要望が多いので、今回はアンティークチェアーのお直しのご紹介を

させて頂きますね。

 

81-1.jpgまずは椅子の裏からドライバーでネジをとり、座面を外します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

84.JPGショックハンマーでグラつた部分を外します。

このハンマーの強弱が難しい・・・

失敗すると椅子の木材が折れてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

85.JPGぐらついた部分にボンドを入れていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

86.JPGハタガネでしっかりと締めてボンドが乾くまで一晩寝します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

87.JPGあとは座面を取り付けて完成!

ぐらついていたアンティークチェアーもしっかり直って今日のお直しもバッチリ★です。

より詳しい「ハンドルだけの使えるアンティーク家具」はこちらへ

 

 

 

僕のお店のHPです。よかったら見てくださいね↓

★イギリスやフランスのアンティーク家具は、キレイで安心のアンティーク家具ショップ Handle ハンドルをご利用ください。

★オーダー家具とオーダーキッチンは、 天然木のインテリアショップ シャルドネ福井、シャルドネ金沢をご利用ください。

皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

 

空間スタイリスト「水野 友紀子」のブログはこちら→「アンティーク家具ショップ Handleオーナー日記
 
シャルドネ福井、シャルドネ金沢のスタッフブログはこちら→「showhinkanスタッフブログ
 
アンティーク家具ショップ ハンドルのスタッフブログはこちら→「Handle  note」