イギリスからクラシックカーの形のカッコいいプレスドグラスが届きました。

こんばんは。
福井の空が段々と北陸らしいグレー色の空が多くなってきました。あ~、また雪かきの季節がやってきますね・・。そこそこであればいいのですが、昨年のようなドカ雪だけは勘弁ですね。
長男の友太郎は只今、大学受験に向けて猛勉強中、野球がなくなってから僕の方が寂しくて休みの日には何をしていいのか・・・笑。(末っ子と毎週プールに行くようになりました。)
でも、朝の7:00から学校で朝勉?、それから学校の授業、放課後は夜の10:00まで図書館で勉強です。それから帰って夜の12時までさらに勉強。毎日16時間勉強しているのですが、経営用語でいうと決死型です。
事業の立ち上げ、復活させるときには社長は年間4140時間働きなさいと経営の先生から言われます。僕もちょうど24歳で家業を引き継いだときにこれに近いくらい働いていましたが、(というか働かなければ潰れてしまう・・・感じでした。)マジでやばいっす。

ホントに食事、風呂、トイレ、寝る以外は勉強というすさまじい生活をしていて親の僕も見ているだけで多少心配になるのですが、人生で真剣に勉強する時間も必要だと思っています。
もちろん希望の大学に入れるか否かはわかりませんが、夢に向かってリスクを負いながらも死にもの狂いで勉強することは、これからの人生、いろんな場面できっと役に立ちます。

僕も大学受験のときを思い出すと、あ~こんなこともしていたかな?っと多少は役に立っています・・・。笑
あと3か月ちょっと、がんばって希望の大学に入って、夢に見たユニフォームを着て大好きな野球をやってほしいものです。
by 神宮のライトスタンドへの美しいアーチが見たいウザイ親父。

あっ、いつもの商品紹介を忘れてしまった・・・。
でも、これいいですよ!男性限定ですが、車の形のアンティークのプレスドグラス。しかもオープンカーです!

メーカーはなんでしょう?ジャガー?アルファロメオ?う~ん、わからない・・。
でも。こんな車、欲しいっすよね~

僕もデスクの上に置いていつも「あ~、この車ほしい~」っと眺めながら仕事がんばっています。笑

ペーパーウエイトにもなるのでとっても便利。
車が好きな方はぜひチェックして下さいね。

PS そんな息子同様に決死型で動画作りを楽しんでいる父親ですが、・・・
イギリスの買付け動画【バッキンガム宮殿編】出来ました。
多少、赤い制服で有名な衛兵さんも出ています。
ぜひ見て下さいね。

イギリスからこれぞ英国クラシック!ウォルナット材の木目がオシャレなアンティークのサイドボードが届きました。

イギリスからめっちゃ素敵なアンティークのサイドボードが届きました。
これ、マジでカッコいいんです!

見て下さい、この佇まい!これぞ英国アンティークうって感じですよね~
ウォルナットの美しい木目、すらりと伸びた猫脚に横長の扉の曲線が美しいボデー、天板の装飾も最高です。
扉面や扉周りにも惚れ惚れする丁寧な装飾が施されています。こんな彫り込みは現代の家具にはなく、アンティークならではの迫力!こんな家具を見ているだけで楽しいんです!さらにこんなに美しく修復できるともっと楽しい!

引き出しや扉もついているのでたっぷりと収納もでき実用性もバッチリ!
↓ 真鍮の鍵もちゃんとついています。回したときのカチッが最高っす。

サイズは幅が190センチ、奥行きが50センチの大きめなのでお部屋への搬入がちょっと大変・・・。さらに梱包はもっと大変です。笑
マンションであれば廊下で立てれば入ると思います。ご不安な方はお気軽にご相談下さいませ。

アンティークのクラシックなサイドボードをお探しの方はぜひチェックして下さいね。
今日はイギリスからやってきたウォルナット材の木目が美しいアンティークのサイドボードのご紹介でした。

PS ロンドン買付け日記つづき
V&A博物館にて家具のお勉強の後は有名なロンドンの老舗デパート「ハロッズ」へ
あいにくの天気ですが、ロンドンの街は歩いているだけでアンティークの勉強になります。

お腹が減ったのでそこらへんのパブでハンバーガーを、・・・でも
まずかった。海外にくると良く思うのですが、世界基準のマックはやっぱりすごいっすね。

ここがハロッズ、カッコえ~
1894年に11年物歳月をかけて建設された建物らしいです。もうデパートそのものがアンティークですね!
ただ!中に入るとスーパーブランドばかりで買えるものがない・・・(基本的にブランドものには値段がついていませんでした。笑)
↓ とだまんのとなりのおねえさん、カッコいい!(あっ、柱につかまっている方ではありません。)

ちなみにハロッズではえらいことになりまして・・・
小さいトランクは持って入れないということで預けたら、50ポンド(約8000円)をお買い物しなければ返さない・・・とのこと。
このシステムを理解するのに1時間くらいすったもんだありまして、とても勉強になりました。ハロッズ、高飛車すぎるわ~

っということで気を取り直して、最古の木造建築デパート「リバティー」へ
↓おっさんとリバティー

中は吹き抜けになっていて木製の柱などとにかくカッコいい!何時間いても飽きないんですよ。
夢はこんなお店でアンティークショップをやりたいですね~

こんな素敵な天井です。

通路のドアがすでにアンティーク!持って帰ってハンドルで販売したい・・・笑。

リバティー柄で有名な生地がたくさん!色使いがめっちゃおしゃれっす。できればこれも持って帰りたい・・・。

商品の什器にはアンティーク家具がたくさん使われています。
ペイントの色が日本ではありえない色を出しています。めっちゃカッコイイ~

いつきてもリバティーではインテリアの勉強になります。
イギリスへ来られたらぜひ来て見て下さい。近くにはおしゃれなショップがたくさんあり、お買い物も楽しいですよ。
っということで2日目終了、長くなったのでまた明日~

イギリスからとっても珍しい!G-PLANの「Tola&Black」シリーズとサニーオーク&チャイニーズホワイトのドレッサーが届きました。

イギリスからとっても素敵なビンテージのドレッサーが届きました。
ハンドルでも人気のG-PLANの「Tola&Black」シリーズとめずらしいサニーオーク&チャイニーズホワイトの三面鏡です。

アンティーク家具ショップをはじめてもう10年以上になりますが、まだまだ初めて見る家具に出会います。
アンティークっておもしろいですね~、やっぱりやめられません・・・。笑

とくにサニーオーク&チャイニーズホワイトのドレッサーは超レアものです。G-PLANの家具はシンプルなデザインの中、なんだかあたたかみがあってカッコいいんです。

「Tola&Black」シリーズのドレッサーはこちら

定番のチークの木目にブラック脚のツートンカラー、ゴールドの取っ手がまたカッコイイっす。
幅も125センチあるのでデスクやパソコンデスクとしてもお使い頂けます。

サニーオーク&チャイニーズホワイトのドレッサーはこちら↓

真っすぐな柾目のオーク材に上品なライトグレーの組み合わせがイギリスって感じです。日本ではこの組み合わせの家具はないですよね~
三面鏡の鏡もこんなに可動するのでとっても便利です。

PS アンティークのイギリス買付け日記「ビッグベン&ロンドンアイ編」できました。
初ロンドンのとだまんに素敵なビッグベンを見せたかったのですが、・・・
ぜひ見て下さいね。

イギリスから珍しいスッキリデザイン!のブラウンカラーがおしゃれなアンティークウイングバックチェアーが届きました。

イギリスからとっても素敵なアンティークのウイングバックチェアーが届きました。
久しぶりに届いたウイングバックですが、素敵なウイングバックです。
最近はイギリスに買付けに行ってもなかなか状態のいいものがないんですよね~

2,3年前まではアンティークのマーケットに行けば5,6台くらい見つけることができたのですが、中国のアンティークバイヤーの方も買付けに来ているみたいで数が少なくなっています。

今回のものは耳の部分も薄いデザインでカッコいいっす。色も僕の好きなブラウンなところがいい!脚にも彫り込みも入っているのでよりクラシック感が出ています。
革の状態もいいですよ。ウイングバックチェアーは現代の新しいチェアーもあるのですが、なんかアンティークの方がちょっとしたキズが味にカッコ良くて車でいうとクラシックカーみたいなものです。

アンティークのウイングバックチェアーやクラシックな一人掛けの革張りソファーをお探しの方はぜひチェックして下さいね。
今日はイギリスから届いた英国トラディッショナルな定番の家具、アンティークのウイングバックチェアーのご紹介でした。

PS 天気予報が雨ということなので、2日目は美術館周りとロンドン市内でショッピングへ
雨のロンドンの街もまた素敵、今日も元気に行ってきまーす!

駅のバスターミナル、ロンドン名物の2階建てバスがいっぱい!

とだまん、緊張の改札へ、うまく通れるかな~

いい男 inユーストン駅

地下鉄で電車が来るのをまってます~、イエーイ!

まずは僕の好きなヴィクトリア&アルバート博物館(通称V&A博物館)へ
ここは芸術とデザインを専門分野としコレクションで有名な博物館なのですが、僕はあまり絵とか彫刻にはあまり興味がなく家具ばっかり見ています。
イギリスの家具の歴史が学べてめっちゃ楽しい博物館です。
V&A博物館に到着~
家具コーナーはこんな感じ。

ここのアンティークはハンパないっす!こんな象嵌どうやって作るんやろ~、僕は無理・・・笑。

天板の絵がすごい!

この椅子の彫りも超人的!背もたれに背中つけれんし~
ハンドルのサイトで販売してみたい~笑。

ハンドルでもベンドウッドの曲げ木で人気のトーネットの椅子の説明もありました。へ~、こうやってバラバラにして輸送していたんですね。東くんとむーさんも勉強しています。

まあ、お勉強はこの辺で、、、実は僕が一番行きたかったのはここのカフェ、モリスがデザインしたカフェですごくオシャレなんです。
こんな内装のカフェ、日本には絶対にないですよね。インテリアのめっちゃ勉強になります。
↓奥に誰かいますね・・・。笑

しかも、ここのスコーンは最高に美味い!!
普通、スコーンというとカスカスですが、ここのスコーンはなんかしっとりしていてパクパク食べてしまう・・・。これにジャムとチーズクリーム?を付けて食べるとマジで美味い~

ロンドンに行かれた際にはぜひ、行ってみて下さいね!超~オススメです!

長~っくなってしまったのでまた明日。

イギリスから藤で作られた珍しい!ヴィンテージのマガジンラックが届きました。

イギリスからとっても素敵なアンティークのマガジンラックが届きました。
アンティーク家具には珍しいなんとバンブー(藤)でできたマガジンラックです。

いつも木製のマガジンラックがほとんどなので、軽い感じのマガジンラックも好きな人がいるのでは!っと思い、買い付けてきました。
クラシックな家具がお好きな方には合わないけど、ミッドセンチュリーや北欧家具にはピッタリのマガジンラックです。
透けているのでソファーの横はもちろんお部屋の隅に置いても圧迫感はないですね。

北欧家具はもちろん、G-plan,マッキントッシュなどのシンプル系のビンテージ家具に合わせるマガジンラック、新聞、雑誌入れをお探しの方はぜひチェックしてくださいね。

今日はイギリスからやってきたヴィンテージのマガジンラックのご紹介でした。

PS イギリスのアンティーク買付け日記【ポートベローアンティークマーケット編】
ロンドン郊外にある有名なポートベローのアンティークマーケットでアンティークのシルバーや食器、家具などを買付けしてきました。
もう人、人、人・・・で疲れた~
でも、素敵なアンティークが買付けできました。楽しかった~、まあ、僕は動画を撮って遊んでばかりですが・・・笑。
ぜひ見て下さいね~、↓ イギリスでもこんなことばかりしています・・・

イギリスから僕も初めて見た!アンティークの真鍮製スタンプボックスが届きました。

イギリスからとっても素敵なアンティークのスタンプボックスが届きました。
僕も初めて見るスタンプボックス、はんこ入れかな?と思っていたらハンコが入る大きさじゃないし、第一にイギリスではハンコの文化がありません・・・。
実は切手入れなんです!

へ~でしょ!こんなおしゃれな切手入れがあるんですね。まあ、二種類しか入りませんが・・・笑。まあ、実用性ということは目をつむって、デスクに置いているだけでも楽しくなりそうです。
真鍮という材料も最高っす。真鍮はいいですよね、使いこんだこの味がたまらない・・・。

蓋にはひまわりの彫り込みが施されているところが何とも素敵!元気が出てきますね。切手はもちろん、コインやアクセサリーなどを入れて頂いていてもオシャレにお使い頂けます。

オシャレなアンティークの雑貨やアクセサリー入れ、文具入れなどをお探しの方はぜひチェックして下さいね。
今日はイギリスからやってきたとっても珍しい真鍮ゴールド製のアンティークスタンプボックスのご紹介でした。

PS ポートベローでのアンティークの買付けが終わったので、初ロンドンのとだまんのためにビッグベンへ
ガーーン、ビッグベンの顔がない・・・、なんと今年から4年間?ビッグベンの大改修に入っていて、鐘の音も聞こえないとのこと。とだまん、残念・・・。
それでも、カッコいいっすね~、ちなみビッグベンはイギリスの国会議事堂です。
っということで「ハンドルがロンドンにやってきました~!」

ビッグベンが見れないのでロンドンアイへ
りょうが乗りたかったので行ってみたら、1時間半まちの大行列・・・。
時間がもったいないのでみんなでパチリ★、平日に行くことをオススメします。

時間が空いたし、天気がいいのでこのまま観光しよう!ということでバッキンガム宮殿に向かって歩いていると、
ウエストミンスター寺院に遭遇。イギリスの教会はすごいっすね!聞いたところによると歴代の王や女王、著名人のお墓も中に埋葬されているみたいです。あのニュートも埋葬されているみたいです。
もっとお参りしておけばよかった・・・

バキンガム宮殿の周りにはとっても素敵な公園があります。
ペリカンやリスも放し飼いになっていて、ロンドンっ子たちが日向ぼっこしていました。

出た~、バッキンガム宮殿!こんな家に住んでみたい~、2,3日だけ・・・笑。
衛兵さんもいました。マジでピクリとも動きません!アンティーク家具の仕事でよかった・・・。

帰りに地下鉄の駅まで歩いているとトラガルファー広場に出てきました。
僕も初めてでしたが、覚えています?ここはあの猿岩石の香港からロンドンまでヒッチハイクのゴールだったんです。
言われてみると、そうかも!?って感じです。

でも、観光客でいっぱい!何でもイギリス軍がスペインの無敵艦隊を初めて破った記念に出来た広場らしいです。

今日はめっちゃ歩いて疲れた~、ではまた明日。

イギリスからデスクとしても使える幅110センチのオシャレなアンティークホールテーブルが届きました。

イギリスからとっても素敵なアンティークのホールテーブルが届きました。
いや~、このホールテーブルもカッコいいっすね~、さすがアンティーク!

天板飾りの彫り込みが何とも素晴らしい!熟練の職人による手彫りの彫刻と三角の装飾がオシャレです。

サイズは幅が約110センチ、奥行きが約45センチ、高さが83センチあるのでデスクとしてもお使い頂けます。高さがちょっと高い場合は、脚の先に余裕があるので脚をカットして高さを低くすることもできます。
奥行きが45センチなのでリビングに置いてパソコンデスクや子供の勉強机としても便利に使えます。
↓ 天板の木目にもオーク材独特の貴重な虎斑(トラフ)が出ています。美しい・・・

玄関にホールテーブルとして置いたら最高ですね。先日に行ったロンドンのホテルやお店はこのホールテーブルやコンソール、ホールスタンドなどで玄関を素敵に飾っています。家具の使い方の文化が日本と全然違ってとても勉強になるんです。

リビングはもちろん玄関や大きな廊下に置く素敵なクラシックのアンティーク家具やホールテーブルなどをお探しの方はぜひチェックして下さいね。
今日はイギリスからやってきたオーク材の木目が美しいアンティークホールテーブルのご紹介でした。

PS イギリスアンティーク買付け日記2018【関空出発編】できました。
台風のタンカー衝突事故でマイカーで行くのが心配でしたが、なんとか復旧されていて無事に関空から出発できました。
心配したのは違うことでした・・・・。
ぜひ、見て下さいね。

イギリスからシンプルビンテージデザインのオシャレなプランタースタンドが届きました。

イギリスからとっても素敵なビンテージのプランタースタンドが届きました。
こんなプランタースタンドは初めて見ました!シンプルなデザインでかわいいですね。

G-プランやマッキントッシュのテーブルやサイドボードの横におくにはピッタリの花台、雑誌も置けそうですね。
玄関に置いてスリッパ入れにもなりそうです。ブラックカラーの脚にゴールドの足先がなんともイギリスビンテージらしい・・・

幅は約70センチの小さいサイズなのでご新築やリフォーム、マンションやアパートでも置くことができます。
アンティークやビンテージ家具のシンプルな花台やマガジンラックをお探しの方はぜひチェックして下さいね。

今日はイギリスからやってきたビンテージのオシャレなプランタースタンドのご紹介でした。

PS ロンドン買い付け日記初日

長旅の疲れもありぐっすりと眠ることができました。
旅行の楽しみの一つはホテルの朝食、焼き立てのクロワッサンは美味しかった~

さあ、地下鉄に乗ってポートベローのアンティークマーケットに向かいます。
素敵なアンティークを探しに行くぞー

まずは地下鉄UnderGroundに乗ります。
日本で言うSuicaみたいなOysterCardを購入したいのですがなかなか買えない~

とりあえず人類皆兄弟!笑
イギリス人は親切ですね~

ポートベローに到着、行く途中で素敵なバンを発見!
あ~、ハンドルトラックに欲しい・・・、こんなフォルクスワーゲンのバン、日本にないですよね~

ポートベローでもやってしまった・・・笑
僕はどこにいるでしょうか!?

これはなんでしょうか?僕の顔よりでかーい!!イギリスのかぼちゃかな?

では、買い付けスタート!素敵なアンティークのシルバーやルーペなどがたくさん!
選ぶのは大変だけどめっちゃ楽しいっす。

アントニー!?とも仲良くなりました!めっちゃ似ているでしょ~

あ~疲れた~、素敵なアンティークをたくさん買い付けできました。最後にみんなでパチリ★

ポートベローのすぐ隣は高級住宅街です。オフホワイトのアパートがめっちゃオシャレですね!
ドアや窓、ポストやレンガの外壁などすべてが勉強になります。

買い付けも無事終了!天気がいいのでこのまま観光しよう!ということでみんなでビッグベンを目指します。
では次のブログで!

フランスから色使いがオシャレ!な登山の絵のアンティークポスターが届きました。

フランスからめっちゃかわいいアンティークポスターが届きました。
これ、実は自宅で使いたいな~っと思って買付けてきたポスターなんです。
僕は家具担当でいつもはアンティークのポスターって目に留まらないのですが、このポスターだけはすぐに目に入ってきて「欲しい!」と即決!
でも、売れなかったらね~っと〇キに瞬殺。笑

登山の絵なんでしょか?色使いが何ともかわいい・・・、木枠の額に入れてサイドボードの上や壁に飾ったらめっちゃおしゃれだろうな~
フランスやイギリスの人のインテリアって壁をすごく上手に使うんです。お気に入りの絵や写真を飾ったりしてインテリアを楽しんでします。
欧米の映画を見ているといつも参考にしているのですが、お部屋の壁がすごくオシャレ!家にいるのが楽しそうですよね!

アンティークのかわいい絵やポスターをお探しの方、壁が寂しくて何かインテリアのアクセントになるもの!などをお探しの方はぜひチェックして下さいね。
今日はフランスからやってきたかわいい登山の絵のアンティークポスターのご紹介でした。

PS イギリスから無事に帰ってきました~
とりあえず香港経由の17時間の長旅(笑)、めっちゃ疲れました・・・。
でも、みんなでいろんなところに観光に行ったり、素敵なアンティークもたくさん買い付けてきましたよ!
しかし、帰ってからのうどんとご飯は最高でした・・・

っということで、今回は関空から行ってきまーすっ。
心配していた連絡橋もなんとかマイカーで通ることができてよかった~

あっ、それと会社に集まったのは夜中の2:30!心配していた一人暮らしを始めたばかりのムーさん、まさかの二度寝で大遅刻!!っというか来なかった・・・笑。
ので、自宅まで送迎させて頂きました。来年からは倉庫で寝させます・・・。
これからまたブログでご紹介していきますね、もちろん動画も!笑

イギリスからビーンズ型の形が可愛い!ウォルナット材で作られたアンティークデスクが届きました。

イギリスからとっても素敵なアンティークのデスクが届きました。
デスクはめっちゃ好きで買い付けに行く度に「何かカッコイイデスクないかな~、ステキな机出てこんかな~」っと探しています。
でも、大きさがイマイチだったり、状態が良くなかったりとなかなかいいデスクって見つけれないんですよね・・・。そんな中飛び切り素敵なアンティークのデスクを見つけてきました。

まずデザインは人気のビーンズ型、その名の通り豆の形をしているのでビーンズ型と呼ばれるのですが形が可愛いっす。樹種はもちろんアンティークデスクにピッタリのウォルナット材、天板や引き出しのなんとも言えない木目が美しいんです。

天板には状態のいい革が貼られていて、これぞアンティーク!の高級感を醸し出しています。脚元もイギリスアンティーク伝統の猫脚デザイン、何ともエレガントですね。

サイズは幅が約110センチ、奥行きが約55センチの小さいサイズなので、書斎はもちろんリビングにおいてパソコンデスクなどにもお使い頂けます。
ウォルナット材で作られた丸いビーンズ型の天板のオシャレなアンティークの書斎デスクや机をお探しの方はぜひチェックして下さいね。

今日はイギリスからやってきた1930年代のアンティークデスクのご紹介でした。

PS 明日からアンティーク家具の買い付けと社員旅行を兼ねてイギリスに行ってきます。
初のキャセパシフィック航空、香港経由でいくことになりドキドキです。何がドキドキというか映画にいい映画がたくさん入っているか否かで空路の楽しさが全然違ってきます。
香港では3時間くらい待ち時間があるのでゆっくりお買い物や食事を楽しもうかな?美味しい中華などありそうですね!

今回、初めての海外旅行がイギリスというアズマックスこと東くんには両サイドは外国人の席に座ってもらおうと思っています。笑
初ロンドンの戸田マンには楽しい・・・大英博物館のロゼッタストーンをたっぷりと見学。
酒豪のムーさんは、ここぞとばかりワインボトルを片手に機内で大宴会・・
酒井さんはブランドショップで大爆発するみたいです・・・。
子育て中でいっしょにいけないみやまん、ノグやさかいまん、パートスタッフには素敵な・・・お土産を。
また、みんなでいっしょにいけるといいっすね!

っということでコベントやコッツォルズのアンティークマーケットで素敵なアンティーク家具や雑貨、食器などを見つけてきますね。
今回はどこであのハンドルの看板が出てくるのか!?あっ、もちろん動画も撮ってくるのでお楽しみに!
では、行ってきまーすっ。

アンティーク家具と天然木のシャルドネ家具に囲まれる毎日を過ごす、老舗家具屋4代目のブログ