アンティークが初めての方にピッタリのフレンチブルーペイントで仕上げたアンティークシェルフが届きました。

フランスからとっても素敵なアンティークのシェルフが届きました。
シェルフというと日本のインテリアにはあまり馴染みがないアイテムですが、アンティークではシェルフは欠かせないアイテムなんです。

でも、新築やリフォームの家だとせっかくの新しい壁なのにビスやピンの穴の跡など気になりませんか?
僕も以前はそうでした・・・・。

「せっかくキレイなクロスを貼ったばかりなので穴を開けるのはイヤや〜」

ってな感じで新車に自らキズを入れるような勇気がいりますよね。笑
日本の家って白い壁だらけで装飾もなく、個性がないありきたりのインテリアばかり・・。僕もアンティークに出会う前までは何もないシンプルなインテリアが好きでしたが、アンティークに出会ってからはからは家具やインテリアの価値観が変わってしまって、人生も変わってしまいました・・・。笑

↓ 我が家では白い塗り壁にライムグリーンのフレンチシェルフを飾り、お気に入りの雑貨や子供の帽子などを飾って楽しんでいます。

ちょっとした棚を楽しんでみようかな?っとチャレンジされる方はぜひチャレンジしてみて下さいね。
取り付け方はコチラです。

今日はフランスからやってきたフレンチブルーの色が素敵なアンティークの棚のご紹介でした。

PS っということで先日のブログで紹介したレジ台に続いて、僕のデスク横に置くミニ本棚を作ってみました。
ゆうたろうの野球が終わってからは休日がヒマ過ぎてDIYばっかりやっています…。笑
色もフランスのシェルフと同じ色で塗っていい感じになりました。

キャスターもついているのでコロコロ移動が出来てとっても便利っす。上の棚は無印のファイル入れが入る高さで作っています。

今度はワゴンを作ろうかな〜
またご紹介しますね!

イギリスから玄関に置ける傘立てやカギ入れもついた!アンティークのホールスタンドが届きました。

イギリスから素敵なアンティークのホールスタンドが届きました。
ホールスタンドはまさにイギリスアンティーク家具って感じです。

僕もアンティーク家具に出会う前まではこんな家具があるなんて知りませんでした。
イギリスのアンティーク家具ってとても素敵な玄関家具が多いんです。このホールスタンドやステッキスタンド、玄関ホールに置くホールワードローブなど・・・

実は我が家でも使っているんですよ。2、3年前に玄関をリフォームした際にどうしても入れたかったのがハンギングボウルの照明とこのホールスタンドです。
ユキのたってのお願いだったのですが、今では僕もめっちゃ気にいって使っています。本当は傘たてやお気に入りの帽子を掛けてカッコよく使いたかったのですが、傘入れには子供のバットと竹刀、蓋付きのキーボックスには野球のグローブに塗るクリームなど・・・
まあ、子供たちも気に入って使っているということです。笑
↓ カギ入れもついていますよ。鍵の置き場ってけっこう困るんですよね?壁にフックを付けるのは嫌だし、下駄箱の上は雑多になるし・・・
蓋もついていてめっちゃ便利です。

そんなホールスタンドですが、サイズは幅が約80センチ、奥行きが約30センチのコンパクトサイズなのでご新築やリフォームはもちろん、マンションや賃貸アパートでも置くことができます。
なんか玄関が寂しいな~、オシャレな変わった玄関、自宅でもプチ、リッツカールトンホテルみたいなインテリアにされたい方はぜひチェックして下さいね。

今日はイギリスからやってきたコート掛け、傘たて、玄関ミラー,カギ入れ,などが全部ついた!アンティークホールスタンドのご紹介でした。

PS めっちゃ素敵なサイドボードが届きました。
この彫り込み、全部手彫りなんですよ!昔は機械なんてなかったので職人さんが一から彫っていくのですが、細かいところが本当にスゴイ!
天板の木目もオーク材の最高に木目を使っています。
これから撮影に入るのでアップお楽しみに~

ちなみに水野家ではガンプラが流行っています。りょうが作ったガンプラでガラスキャビネットが基地になっています・・・。
アンティークにプラモデルもけっこう似合っていますね。笑

フランスからホワイトペイントにゴールドのアクセントがお洒落なアンティークのスタンドミラーが届きました。

フランスからとっても素敵なアンティークの姿見が届きました。
アンティークでのレアものの姿見タイプのミラーです。

アンティークでは小さめの鏡やドレッシングチェストはたくさん見つかるのですが、買い付けに行っても姿見って中々ないんですよね…。
日本は着物文化があるから姿見があるんですかね〜?昔はおばあちゃんの家に行けば、座敷に座って化粧をするような鏡台があったけど最近では見ることもなくなりました。フランスもいっしょなんですかね?笑
フランスらしいエレガントな白いペイント仕上げのスタンドミラーなので、お部屋に置いて置くだけで絵になります。

サイズは幅が センチの小さいタイプなのでご新築やリフォームはもちろんマンションや賃貸アパートでも置くことができます。ホテルやショップ、貸衣装屋さん、カメラスタジオなどに置いてもめっちゃオシャレですよ。

フランスアンティークの素敵な白いフレームの姿見、ミラーをお探しの方はぜひチェックして下さいね。
今日はフランスからやってきたエレガントに彫り込まれたホワイトペイントのスタンドミラーのご紹介でした。

PS 久しぶりの動画です。ちょっと倉庫のシステムをちょこちょこイジっていてアップが久しぶりになってごめんなさい。
っということでお店のレジ台を作ってみました。
ホームセンターで売っている垂木とペンキで作ったので、材料費はナント5000円!
エイジングもかけてフレンチアンティークのように結構いい感じにできました。
やっぱり物づくりは楽しいっすね~
ぜひ見て下さいね!

フランスから猫脚のホワイトカラーがエレガント!アンティークの三面鏡ドレッサーが届きました。

フランスからとっても美しいアンティークドレッサーが届きました。
ハンドルでも人気のフランスアンティークらしい!白いペイント仕上げのアンティークドレッサーです。

正直、男の僕はマホガニーやウォルナットなどのクラシックな濃い色の家具が好きで、お姫様家具はあまり好きではないのですが、女性にはめっちゃ人気があるんです。
クラシックなデザインでやっぱりこの華奢な美しいデザインは現代の家具にはなく、フランスのアンティークにしかないデザインで文化の違いを感じますよね。
細身でラインが美しい装飾はフランスアンティークならではの仕上がり!

猫脚の三面鏡はなかなか見つからなくて買い付けも一苦労ですが、状態も良く、修復もキレイに仕上がっていますので安心してお使い頂けます。

サイズは幅が約140センチ、奥行きが約65センチなのでご新築やリフォームはもちろんマンションや賃貸アパートでもお使い頂けます。
入荷したらすぐにお嫁にいってしまう人気者、白いペイントの三面鏡をお探しの方はぜひチェックして下さいね。

今日はフランスからやってきたクラシックな三面鏡が珍しい、ホワイトペイント仕上げのアンティークドレッサーのご紹介でした。

PS ゆうたろうの野球が終わってからお休みの野球観戦がなくなり、寂しい日が続きます・・・。
っということで最近のお休みはDIYで楽しんでいます。
先日はお店のレジ台を作ってみました!しょっちゅうジャマも入りますが・・・笑

ペイント仕上げの素敵なアンティーク風仕上げのレジ台が出来ました。ペイントを塗り重ねてエイジングもしたのでかなりカッコよく仕上がっていますよ!
動画も撮ったのでyoutube楽しみにしていてくださいね~

イギリスから扉全体が芸術品!美しい彫り込みの小さめのアンティークカップボードが届きました。

イギリスからとっても素敵なアンティークのカップボードが届きました。
カップボードというと日本でいう食器棚のことですが、アンティーク家具ではこのような小さいサイズのものもカップボートと呼ばれています。

そんな名称のことはさておきこのカップボード、めっちゃ素敵でしょ!扉全体に丁寧に彫り込まれた装飾がとにかく素晴らしい!っす。まだそんなに機械が発達していない時代にどうやって彫ったのでしょうね~?僕は無理っす、笑。

昔はカップボードとして使われていたのですが、食器棚としてはもちろんリビングボードや本棚、収納キャビネットとしても便利にお使い頂けます。高さも約130センチで低めなんで小さいお部屋に置いても圧迫感もありません。

サイズは幅が約80センチ、奥行きが約50センチなのでご新築、リフォームはもちろんマンションや賃貸アパートでも置くことができます。
ガラス扉ではないので、中が雑多になっても急なお客様でも気になりませんよ。

ちょっと小さいアンティークの食器棚や一人暮らし用のアンティークの食器棚、キャビネットをお探しの方はぜひチェックして下さいね。
今日はイギリスからやってきた扉全面が芸術品!オーク材で造られたアンティークカップボードのご紹介でした。

PS 先日、中学2年の次男、サクタロウの学校祭に行ってきました。
実は生徒会副会長をしているサクが、最後のフィナーレで3年生の生徒会会長との引継ぎ式が何やらしゃべるということで、始めての中学校の学校祭になりました。

いや~、今の中学の学校祭ってスゴイですね!吹奏楽がスイングガールズ?のように素晴らしく、生徒全体で盛り上がってとにかく楽しいんです。
僕らのときは(もう30年以上も前?笑)学校で目立っている子がバンドをやったりで、一部の生徒が盛り上がっていたのに、今は生徒全員が参加しているとても一体感のある学校祭でした。

クライマックスの引継ぎ式では先生と練習した甲斐もあって、立派に堂々と(一瞬とんでましたが・・・笑)話していました。
結果はどうであれチャレンジすることが素晴らしい!小さいころは引っ込み思案で心配でしたが、500名を超える人の前でしゃべるなんてビックリです。子供は親の知らないところで育っていくんですね!感動しました。

親も負けられないですね。ガンバリマス!

イギリスから台形の形が珍しい!装飾がとっても素敵なアンティークコファーが届きました。

イギリスからとっても素敵なアンティークのコファーが届きました。
コファーって何?って僕もアンティーク家具に出会ったころは知らなかったのですが、簡単に言うと収納付きのベンチ、コファーも日本の新しい家具にはあまり見かけないアイテムでアンティーク家具ならではの家具なんです。

我が家でもコファーではないのですが、ブランケットBOXと言ってオールドパイン材のフタ付きの収納箱をリビングのソファーの脇に置いてサイドテーブル代わりに使っているのですが、中には毛布などを入れたりしてとっても使い勝手がよく重宝しています。

そんな収納も出来てしかも座ることもできるのがこちらのコファーです。このコファーは珍しい台形の形をしているレアもので、丁寧な彫刻も施されて美しい仕上がりとなっています。しかし、毎回いいますがアンティークの彫刻って本当に素晴らしいっすね〜、今の日本の家具では見たことがないくらい芸術的です!

リビングはもちろん寝室や玄関、廊下などに置いてアンティークインテリアを楽しんで下さいね。
サイズは幅が約90センチ、奥行きが約35センチのコンパクトサイズなのでご新築やリフォームはもちろんマンションや賃貸アパートでも置くことができます。
アンティークのオシャレなコファーやちょっと珍しい収納BOXなどをお探しの方はぜひチェックして下さいね。
今日はイギリスからやってきた珍しい台形の形をしたアンティークコファーのご紹介でした。

PS 今日は長男ゆうたろうが志望大学野球部の練習体験会に参加するということで東京にやってきました。
参加したからといって入学出来るわけではありません・・・。笑
っということで気合いを入れるためにキャンパスにやってきたのですが、やっぱり総合大学のキャンパスはいいっすね〜、


僕ももっと勉強しておけばよかった・・・笑。
長男はホテルで勉強ということで僕らは取引先との打ち合わせへ
帰りに最近、ニュースでも取り上げられている新宿の大塚家具さんへ行ってきました。でも、やっぱり大きくて素晴らしい家具屋さんです。スーツを着た営業マンが各売り場に立っていて、なんだか僕が大阪でサラリーマン時代に務めていた時の大型家具店と同じようで懐かしく感じました。接客って本当に難しくて、声かけのタイミングがぎこちなくてよく先輩に怒られていました。笑

アンティーク家具も少し扱われていました。でも、今の時代、総合スーパーもそうですが総合というお店が段々と難しい時代になってきました。ニトリさんやイケアも出店が増えてきたり、ネットショップの台頭で経営環境が10年前とは大きく変わってきました。本当に経営って難しいっすね。
まあ、僕は好きなアンティークをコツコツと頑張っていきます!

あっ、今回のお土産ですが、初めてsuikaを買いました。なんだか嬉しいっす。笑

東京はやっぱり楽しいっすね、勉強になりました。

イギリスからステンドグラスの扉がオシャレなアンティークのブックケースが届きました。

イギリスからとっても素敵なアンティークのビューローブックケースが届きました。
久しぶりのビューローブックケースの登場です!

最近なかなかいい状態のものが見つけられない中、めっちゃカッコイイビューローブックケースを見つけてきました。
イギリアンティーク家具の定番、オーク材で作られたビューローブックケースですが、ビューローを本棚が合体した便利もの、特に日本の住宅やマンションなどはは狭いので場所もとらずに人気があります。でもとっても便利なのに日本の現代の家具にはビューローブックケースなどはほとんどなく、たまにビューローを見かけるぐらいでとっても残念なんです。

今はスマホやパソコンの時代になってしまって、手紙などを書く習慣がなくなってしまったので、ぜひお気に入りのビューロを見つけてで物書きを楽しんで欲しいですね。しかも、ビューローブックケースならお気に入りの本まで収納できる優れものなんですよ!

このブックケースのポイントはやっぱりガラス、扉のガラスには人気のスタンドグラスタイプがはめ込まれています。
やっぱりステンドのガラスはカッコいい!現代の家具にはステンドのガラスの扉などはほとんどなく、イギリスアンティークならではの特徴です。ステンドの鉛がなんか手作りっぽくて素敵なんですよね。

サイズは幅が85センチ、奥行きは浅い35センチのビューローブックケースでは小ぶりのサイズなのでご新築やリフォームの方はもちろんマンションやアパートの方でも置くことができます。さらに高さが175センチなのでビューローブックケースの割には高さが低めで圧迫感もありません。

ビューローやオシャレな本棚、コンパクトなビューローブックケースをお探しの方はぜひチェックして下さいね。
今日はイギリスからやってきたちょっと低めの高さが珍しい!オーク材のアンティークブックケースのご紹介でした。

PS 久しぶりにハンドルのお店の裏の小川にヘビが出た!
少し涼しくなってきたので、朝礼後にみんなで草むしりをしていたらパートスタッフの木村さんが「イヤ~~~」と絶叫!
何事か!?と見ると大きなヘビがニュロニョロと・・・!アオダイショウでしょうか?
子供のころはこの小川でよくザリガニをとっているとヘビに遭遇したのですが、最近は見なくなっていたので何だか嬉しいっすね・・・笑。

アオダイショウは家の守り神と言われているのでお店にいて欲しいような・・・、居て欲しくないような・・・。
まあ、たまに見るぐらいならいいか?いいことありますように!

フランスからオシャレなランタン型のアイアン製アンティークランプが届きました。

フランスからとっても素敵なアンティークのランプが届きました。
いや~、やっぱりフランスのランプは素敵っすね。

日本の新しい照明にも同じようなランプはあるのですが、アイアンの細さや曲げ加工、ネジネジの回数?、塗装の色など・・・何かが日本の新しいものとは違うんです。これは家具も同じで繊細な感覚が違うんでしょうかね~・・・?

ランタン型のアンティークランプってありそうでなかなか状態のいいランプが見つからないのですが、やっとフランスで見つけてきた自慢のランプ、もし我が家に玄関ポーチがあれば付けたいくらいのオシャレなデザインです!玄関や階段でも似合いそうですね。

ご新築やリフォームの方はもちろんマンションの方でも既存の照明と取り替えて取り付けできます。電球やコード類などの照明器具は専門の職人が日本の規格に合うように新しいものに取り替えているので安心してお使い頂けます。

フランスのアイアンで作られたランタン型のアンティークランプをお探しの方はぜひチェックして下さいね。
今日はフランスからやってきたオシャレなアイアン製アンティークランプのご紹介でした。

PS 水野家に大事件が!
なんと三男りょうたろうが自転車に乗れました!
小学校一年生になるのですが、あまり自転車に興味がなく(僕も自転車を乗らせなかったのですが・・・)全く乗れなかったのですが、仲のいい友達が乗っているなら自分も!と一念発起。
お兄ちゃんのお下がりの自転車を補助輪無しで与えたのですが、なんとか二日目で乗ることができました。まあ、早いのか遅いのか分からないのですが…。

乗れたはいいのですが、そこからが大変!
とにかく自転車に乗ろう!と毎日、駅や本屋や郵便局などアドベンチャーに挑戦。
もうちょっと自転車我慢させれば良かった・・・笑。
でも、2人でのツーリングは楽しいっすねー、大きくなったらいっしょに富士山登りたいな~
まあ、安全運転で楽しみますっ。

イギリスから台形の形が珍しい!マホガニー材で作られたアンティークガラスキャビネットが届きました。

イギリスからとっても素敵なアンティークのガラスキャビネットが届きました。
いつもアンティークのガラスキャビネットはご紹介しているのですが、今回のガラスキャビネットがちょっとレアもののガラスキャビネットなんです。


正面から見ればいつものガラスキャビネットなんですが、上から見るとなんと台形のガラスキャビネット!これは僕も初めて見たレアもののキャビネットです。

アンティーク家具を扱っているとこうやって初めて見る家具との出会いが楽しくてやっぱりやめられないっすね。そんな珍しいアンティーク家具を修復するのはそれ以上に楽しくて、お届けしたお客様からお礼のおハガキなどをもらうとさらにに嬉しくて楽しいんです。ホントにビバ、アンティークっす。

樹種はアンティークでも高級なマホガニー材、背板の張り地も鮮やかなハンドルブルーの水色に新しく張り直しているので気持ちよくお使い頂けます。

サイズは幅が約105センチ、奥行きが約35センチなのでご新築やリフォームも方はもちろん、マンションや賃貸アパートの方でも置くことが出来ます。

イギリスのアンティークキャビネットで珍しいデザインのキャビネットをお探しの方はぜひチェックして下さいね。
今日はイギリスからやってきたマホガニーで丁寧に作られたアンティークガラスキャビネットのご紹介でした。

PS 連日の高校野球はスゴイっすねー、先日の星稜と済美との死闘は感動しました!!
大人なならもうすぐにあきらめているのに高校生lは絶対にあきらめません。
いや〜、TVで見ているこちらの方が勉強させられますね。ここ数日は毎晩11;10からの熱闘甲子園を見ながらゆうたろうとの野球談話を楽しんでいます。
さて、ハンドルの夏休みも終わり明日から通常営業です。皆さんの夏休みはいかがお過ごしでしたか?
水野家はゆうたろうの受験もあり、次男のサクと三男のりょうを連れて大阪までの日帰り旅行を楽しんできました。
ミナミのリアルマッコイズへ、お留守番のゆうたろうへBUCOのシャツを。僕が欲しい・・・

お昼は一風堂で美味しいラーメンを、やっぱり美味いっす!

帰りにはイケアに行ってきたのですが、何度行っても素晴らしい家具屋さんです。
やっぱりいるだけで楽しいんですよね!普通、家具屋というと商品が置いているだけなのに、イケアではルームコーディネートは当たり前、小物から照明、さらにはキッチンまで扱っています。そして、レジを通ると80円のホットドッグが美味い!笑
さすが世界一の家具屋ですね。
20年前はイケアは日本では全くの無名だったのに、数年でここまでのブランドに育てた経営手腕はスゴイっす。
いるだけで楽しい!HPを見ているだけで楽しい!そんなアンティークショップにハンドルは目指していきたいと思います!
勉強になった大阪弾丸ツアーでした。

イギリスから木目が美しい、布シェードが付いた木製アンティークスタンドライトが届きました。

イギリスからとっても素敵なアンティークのテーブルランプが届きました。
やっぱりアンティークのランプは素敵なランプがいっぱいです。いつもは真鍮のものが多いのですが、こちらは珍しい木製のクラシックデザインの布シェードタイプです。

木製の土台の艶が何とも美しいっすね~
サイズもシェードの直径が30センチと日本の住宅に丁度いいサイズなので、リビングのソファーの横やサイドボードの上はもちろん、寝室のベッドサイドに置いたりいろんな所でお使い頂けます。

海外に買い付けにいくといつも思うのですが、イギリスやフランスの人って照明の使い方が本当に上手で家庭での照明インテリアがとっても素敵なんです。だから、アンティークには日本にはないような素敵なデザインのフロアーランプやスタンドランプを見つけることができます。
最近では、日本でも天井付けの白い蛍光灯ばかりではなく、モダンなデザインのスタンドランプなどは見かけるようになってきましたが、クラシックな木製のフロアランプなどは残念ながらほとんど見つけることはできません。これは欧米と日本との文化の違いで仕方がありません。僕もアンティークの出会うまではあまり照明のことは興味がなかったのですが、アンティークの照明はホントに素敵なものばかりでめっちゃ楽しいんです!照明でインテリアの雰囲気がグッっと変わってくるので、アンティークのスタンドランプをお探しの方はぜひチェックして下さいね。

そんな方にぜひ使って頂きたい英国クラシックの木製スタンドランプです。電気の器具やコード類は専門の職人が日本の規格に合うように新しい器具やコードに取り替えているので安心してお使い頂けます。

今日はイギリスからやってきた英国クラシックデザインのアンティークの木製スタンドライトのご紹介でした。

PS 福井でも夏まつりが始まりました。初日は花火!
昨日はゆうたろうは勉強、サクは塾、ユキは食事会とみんないないので、りょうと2人だけの花火です。
2,3年前までは家族みんなで来ていたのに・・・、子どもたちの成長を感じるのですがちょっと寂しいですね。
なので、りょうとチャリでニケツして近所の九十九橋で見ました。
やっぱり夏の花火はキレイでりょうも楽しんでいました。最後のフィナーレはすごかったっす。
↓とても楽しんそうな顔?いつになったらこの腫れぼったい目がなおるのだろうか・・・笑

今日は昼からず~っと勉強会です。何か得るものはあるかな?頑張ってきますっ。

アンティーク家具と天然木のシャルドネ家具に囲まれる毎日を過ごす、老舗家具屋4代目のブログ