カテゴリー別アーカイブ: アンティーク家具の修復・修理

アンティーク家具の背中の板に穴を開けてDVDやFAX・電話、ルーターなどの電化製品のコードを通すことができる!オプションサービスのご紹介です。【ガラスキャビネット編】

ハンドルでも人気のアンティーク家具オプションサービス
「アンティーク家具の背板にコード穴を開ける」サービスのご紹介です。

DSC00239-3アンティーク家具のサイドボードやTVボード、キャビネットなどを使われるときに電化製品を家具の上に置いたり、扉の中に収納したりする場合が多いのですが、アンティーク家具は昔の家具のために電化製品のコードを通す穴が背中や後ろの板になくとっても不便!!

そんな方のためにハンドルでは、ご購入頂いたアンティーク家具の背中の板にコードを通す穴を開けるサービスを行っています。
コードを開けることによってFAXやDVD、ルーター、電話機、スマホ、パソコンなどの煩わしい電化製品のコードがスッキリ!と収納することができます。

今回は人気のアンティークガラスキャビネットを購入頂いたお客様がご自分でLED照明を入れられたいとのことでガラスキャビネットの背中の板にコード穴を通します。
それでは作業開始!
DSC00224-2

【まず穴の位置をメジャーで測り穴のセンターを決めます。】
DSC00230-2

【穴の位置が決まったら鉛筆やキリでマークします。】
DSC00231-2

【ホールソーという専用の穴あけのドリルで穴を開けます】
ここで難しいのが一気に穴を貫通させずに背中の板の厚みの半分くらいまでにすること。一気に穴を開けると背中の板がササクレだってしまい仕上がりがよくありません。
DSC00233-2

【次に裏の背板から穴を開けます。】ここでも一気に穴を開けずに背板の表面に穴にキズを入れるようにします。
DSC00236-2

【そしてもう一度前からドリルで穴を開けて貫通させます。】
DSC00232-2

きれいに約30ミリの穴が開きました。
DSC00239-2

【穴のコグチがササクレだっているのでサンドペーパーで滑らかにします。】
DSC00240-23

これで完了。
ハンドルではこのようなお客様の「あーしてほしい」「こんな風にしたいのだけど・・・」などのご要望にお応えできるようにしておりますのでお気軽にご相談くださいね。
DSC00242-2

地震がおきたときにアンティーク家具の扉が開かないようにする地震対策用の耐震ラッチの動画を作ってみました。

先日、ご紹介した地震がきても、アンティーク家具の扉が開いて中のものがガタガタと落ちないようにする耐震ラッチの動画です。

今回は、背の高いアンティークのガラスキャビネットの扉に取り付けたのですが、ちょっと工夫が必要で難しかったです。
これで、多少の地震がきても安心です。

東京などの関東地区で地震に不安のある方はハンドルまでご相談くださいね。


PS えらいことになってしまったーー

来年行われる高校の同窓会(学校主体)の実行委員長になってしまいました・・・。
卒業して27年ぶりにみんなと会う同窓会なのですが、約400名ぐらい集まるらしいのです。

その名簿委員の代表がなぜか僕になっていて(全く記憶にないのですが・・・)、その集まりが昨日ありました。
いや~懐かしかったっすね~

その中で実行委員長を決めなければならなかったのですが、誰もいやっすよね~
誰かがやらないと前へ進めないので、これも勉強かな~っと思いホント、しょうがない・・・ので名簿委員代表の僕が手をあげてしまいました・・・(かなり後悔しています。笑)

来年の5月が最大の同窓会でそれまで3回くらいやるみたいです。多すぎやろ~
めっちゃ忙しい1年になりそうですが、まあ懐かしい仲間たちと学校祭気分で精一杯楽しんでみようと思います。

でも、やっぱりイヤヤ~笑
IMG_9968

アンティーク家具に地震が起きても扉が開かないように地震対策の耐震ラッチ、金具を取り付けました。

j-1436-f-01 (1)時々、お電話などでのお問合わせで
「アンティーク家具に地震対策や扉が開かないようなのものはつけることはできないのですか?」
などのご質問をお受けいたします。

っということでアンティーク家具のガラスキャビネットに地震対策の扉が開かないようにする耐震ラッチをつけてみました。
専門用語でいうとパーフェクトロックという金物(プラスチック)です。以前の一般的な現代の家具には今までつけていたりしたのですが、アンティーク家具に初めてとりつけてみました。

DSC_5037アンティーク家具の場合、現代の家具に比べてちょっと構造が違うので苦労しましたが、土台をしっかり家具にとりつけから耐震扉用のパーフェクトロックをつけてみました。
最初はこんな感じで一般的なローラーキャッチャーがついています。

DSC_5098↑耐震ロックのパーフェクトラッチを取り付けるとこんな感じです。扉が斜めの形なので土台を作るのがけっこう大変でした。
ガタガタと地震が発生するとロックがかかり扉が開かないようになり、中の物が落ちないようになるのでこれで安心です。

アンティーク家具自体を地震対策で倒れないようにするには壁への固定となります。しかし、壁への固定はしっかりとビスが壁の心材に固定されないと意味がないのでお家を建てられた地元の工務店さんなどにご相談くださいね。
ちょっとDIYがお好きな方ならホームセンターなどで下地探しセンサーなどが売っているのでそれを使っりすれば家具を固定すことは可能です。

不明な点などあればアンティークショップハンドルにご相談くださいませ。

アンティークビューローのフラップ金具が折れたので溶接して完璧に修理、修復しました。

ハンドルでも人気のアンティークビューローに使われているフラップ金具の修復動画ができました。
真鍮でできた稼働式の蝶番金具なんですが、一番力が加わるところが破損してしまいました。
しかし、ハンドルでも腕利きの鉄工職人にお願いしたらなんとなんと、スゴイ!
完璧に修復できました。職人さんてスゴイっすね~、田安さんありがとうございますっ。

昨日はバレンタインデー、今度はスタッフからチョコレートケーキを頂きました。
おおっ、レスポワールのチョコレートケーキではないですか~(とだまんセレクトらしい・・)
美味そう・・・いろんなケーキがあるんですね~

ケーキ屋さんはケーキを上げる文化があっていいっすね~、アンティーク家具も例えばアンティークチェアーを上げる文化がでいればいいのにな~笑

早速夜、子供たちと頂きました。めっちゃ美味かったっす!みんなありがとうさんです。
IMG_9861

アンティーク家具の背中の板、背板にDVDなどのコード類を通すコード穴を開ける動画を作ってみました。

さて、ハンドルでも人気のアンティーク家具のサイドボードやキャビネットをTV台としてつかったりするとDVDやHD、CDなどのオーディオ類、電化製品のコード類の配線がじゃまになります。
なので、ハンドルでは家具の背板、背中の板にコード穴を開けるサービスを行っています。
っということで「アンティーク家具、サイドボードや北欧風のキャビネットの背板にコード穴を開けてみた!」の動画を作ってみました。
まだまだですが、少しずつ動画編集の腕が上がってきました。けっこう編集っておもしろいっす。はまってます。笑

12669681_1009834679088629_8067921275989534824_nPS 今日からアジアの大砲ことゆうたろうがユキと東京へ5日間の高校受験の旅に出かけました。
夢に見た「白とあずき色のユニフォーム」で野球をするために勉強を夜中まで半年間がんばってきました。いよいよ大一番!
ホームラン打ってくれるかな~?

僕とサクとりょうとばばあは福井でお留守番、応援してるで~、
ガンバレゆうたろう!

アンティークホールスタンドの折れた金属、鋳物フックをお直し、エイジングしました。

寒い~、外は冷蔵庫のようです。
なんかニュースではなんと九州でも雪が積もっているみたい・・・
いつもお世話になっている宮崎のHさまのところも降っているんでしょうかね~

さて、先日お客様宅にアンティークの素敵なホールスタンドをお送りさせて頂いたのですが、配送中に大事な鋳物でできたアンティークのフックが折れてしまいました。本当に申し訳ございません。

でも、大変ありがたくお客様が直して欲しいとおっしゃって頂いたのでハンドルのもてる技術で折れた金属パーツをお直し、接合させて頂きました。
ハンドルの信頼のおける腕利きの職人、田安鉄工の田安さんにお願いして完璧にしてくれました~、田安さんありがとうございます!

キレイに金属パーツが修理できたのでしっかり梱包させて頂きお届けさせて頂きました。
本当にご迷惑お掛けしてすみませんでした。
ホールスタンドが届くのを楽しみにお待ちくださいね~

IMG_9665ハンドルも今日はこんな感じで雪まみれ~
りょうも雪かき手伝ってくれています。
しかし、寒すぎ~っす。

イギリスからめっちゃ珍しい木製マホガニーのアンティークマントルピースが届きました。

うわー、めっちゃレアなアンティーク家具が届きました。
イギリスからやってきたマホガニー材でできたアンティークのマントルピースです。

thumbs-690-1453102300欧米のドラマや映画、洋書などを見てるとリビングにある暖炉って憧れますよね~、でも日本の住宅って薪ストーブは最近よく見ますが、なかなか暖炉がある家って少ないですし僕はお客様の家で見たことがありません。

今からご新築やリフォームならまだしも賃貸マンションやアパートなどでは絶対無理ですよね。でも、あのリッツカールトンホテルのロビーみたいな雰囲気を作りたい!って方にはピッタリのマントルピースです。

壁に置いてビスで固定するだけの置くだけの暖炉風置くだけマントルピースなので日本の住宅でもピッタリです。

thumbs-690-1453102360あ~、今から家をリフォームするならリビングに施工したかった・・・
こんなおしゃれなマントルピースをリビングに置いて天板の上にはミラーとキャンドルスタンド、お気に入りの写真などを飾るとかっこいいっすよね~
サイズは幅が約130~140センチ、高さが約130センチ~140センチのコンパクトサイズです。

こんな木製でかっこいいアンティークのマントルピース、しかもマホガニー!!めっちゃ珍しいのでマントルピースのモチーフをお探しの方はぜひチェックしてくださいね。

英国ブリティシュの雰囲気たっぷりの移動ができるアンティークマントルピースのご紹介でした。

20160117-1ちょっと遅れましたが、年末に部屋の模様替えをしました。
余りにTVボードの周りがりょうのおもちゃでいっぱいになったので、たくさん収納ができるTVボードが欲しい!っということ北欧スタイルの家具をセレクトしました。

IMG_9648オークやマホガニーの家具もよかったのですが、なかなかTV台に使えるアンティーク家具ってないんですよね~、なのでハンドルでも人気があるので北欧デザインの家具を取り入れてみようって感じです。しかも、今回選んビンテージのサイドボードはサイズがこれしか合わないから・・・まあ、こんな感じでいつもわが家の家具選びは適当(笑)で部屋のインテリアはオールドパインやマホガニー、オーク材、フランスペイントや今回選んだ北欧スタイルなどけっこう無茶苦茶です。
← 扉の中はこんな感じ

IMG_9650でも、アンティーク家具って不思議で別にデザインが喧嘩しないんですよね~逆に全部揃っているより好きかも・・・

TVボードの背板にもちゃんとコード穴を開けたのでコード収納もバッチリ!

20160117-225x300ちなみにbeforeはこちら
これはオールドパインのTV台ですがけっこう気にいっていたんです~

まあ、しばらくはこんなインテリアで楽しんでみまーすっ。

アンティーク家具のサイドボードの脚を短くカットしてみました!

ハンドルでも人気の北欧タイプのアンティークサイドボードですが、家具の背が高くTVを置いた場合にテレビの位置が高くなりすぎて首が疲れてしまいます。

そんな場合にハンドルでは家具や椅子の脚をカットするサービスを行っています。
っということで今回は北欧デザインのサイドボードの脚を10センチカットしてみました。

4本の脚を平行に切るってけっこう難しいんですよ~

ガタツキなしできれいに切ることができました。
僕ののこぎりの技術ってすごい~(技術はウソをつかない!by下町ロケット)笑

家具の高さを低くしたい、アンティークチェアーの座面の高さを低くしたいなどいつでもご相談くださいね~

北欧スタイルのビンテージサイドボードの高さを低くするために脚カットと、コード穴をあけてみました。

thumbs-600-1443232155Iさまにご注文頂いた北欧スタイルのビンテージサイドボードです。
チーク材でできた丸い取っ手のデザインが特徴の素敵なビンテージ感がかっこいいっすね~
引き出しも3杯、両サイドには扉が2つついてい収納もバッチリです。

IMG_9155そんな素敵なのサイドボードですが、Iさまからのご要望により背板のコード穴あけ家具の脚カットのオーダーを頂きましたので早速とりかかりましょう。

IMG_9154今回の脚カットはなんと10センチのカットです。
脚の寸法を厳密に測り、のこぎりでギコギコと慎重に切っていきます。
家具がガタツキがなく水平に脚カットするのは腕の見せ所なんです~

IMG_9158次に愛用のマキタのドリルで30ミリパイの穴あけ作業に入ります。
失敗が出来ないところが難しい・・・
I love マキタ。笑(知ってる人しかわからんやろな~)

IMG_9161キレイに穴あけ完成~
やっぱりいい道具があると出来もいいっすね~
(腕もいいっす)

IMG_9165出来た!
脚カットも10センチしたのでちょっと低めのローボードの完成です。かっこエ~
これなら天板の上にTVを置いても首がつらくない高さです。

穴あけもキレイにできたので、扉収納の中にビデオやDVDなどの電子機器類を入れてもコード類をきれいに収納できます。

アンティークショップハンドルではこのようにお客様のオーダーで椅子やテーブル、サイドボードなどの脚をカットしたり、家具の背板に穴をあけてコードなどの配線を通す穴を作ることもできるんです。
こんなんはできないのか?ここはカットできるのか?などなどアンティーク家具に関することはお気軽にご質問くださいね

これからキレイに梱包して出荷するので、Iさまお楽しみにしていてくださいね!

↑ 正面で自分の顔を見るとやっぱりまゆげ太い~。

先日、京都からハンドルにご来店頂いたYさまにご注文頂いたアンティークホールスタンドの最終修復のご紹介です。

先日の金曜日、Yさまがお子様を連れて遠く京都府丹後市からハンドルにお越し頂きました。遠いところ本当にありがとうございます。
お父様が昔から古い家具を使われていたそうで、Yさまもずっとアンティーク家具を使いたいと探されていたそうです。ネットで検索中にハンドルのHPに出会いご来店頂きました。

IMG_9124

そんなYさまからご注文頂いたアンティークのホールスタンドの最終修復のご紹介です。

イギリスからやってきたアンティークのホールスタンドですが、玄関家具フェチの僕もうなる素敵なホールスタンドです。
英国らしい家具で傘立てやコートフック、身だしなみを調えるミラーやブーツを履くときに便利なベンチもついているんです。
かっこエ~っすね~、しっかり修復していきましょう!

IMG_9128まずはバキュームやハケを使って細かいところまで徹底的にクリーニングしていきます。
プライベートはO型、仕事はA型の私なので細かいところが気になります・・・笑

IMG_9129表面についた古い塗装や汚れをケンマロンなどをつかって取り除いていきます。ここを丁寧にすると仕上げが綺麗になります。
人で言うと古い角質を取り除くようなものかなぁ~、なんでも基礎が大切ですね~

IMG_9130きれいなウエスでホコリを取り除いていきます。

IMG_9132次はハケでアンティーク用のニス、シュラックニスをハケで丁寧に塗っていきます。ハケ塗りも難しいのですが、プラモデルが大好きだった僕にとってはめっちゃ楽しい・・・
仕事が趣味のようなもので、難しい家具の修復がくればくるほど僕への挑戦としておもしろいんです。笑

しかし、写真を見ると僕も歳をとったな~。

IMG_9134最後にアンティーク用のワックス、リベロンワックスを塗りこんで完成~。

IMG_9135めっちゃピカピカ!綺麗に修復できました。
来週の水曜日に出荷予定です。
Yさま、楽しみしていてくださいね。